東銀座駅から徒歩4分の本格派鍼灸院

銀座そうぜん治療院

日比谷線 ・ 浅草線 
東銀座駅6番出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
完全予約制
03-5843-6393
受付時間

11:00~21:00

×

不定愁訴は子どもでも起こる?症状や薬による治療方法で改善!

明確な病気と診断されたわけではないのに心身の不調を感じる際は、不定愁訴の疑いアリ。

なんとなく体がだるくて頭も重いという自覚症状をはじめ、精神的にもどこか喜怒哀楽の波が激しくなります。

こうした不定愁訴の症状は、医者からみて病名を定めることが難しいのも特徴の1つです。

多くの場合は、自律神経失調症・躁うつと診断され、患者の主張(思い込み)による根拠のない病気ととらえられます。

とはいえ、実際に不定愁訴に悩む人は少なくありません。

また、成人男女だけでなく、子どもでも同病を発症することがあります。

考えられる限りの病気をあぶり出し、改善に向けた治療方法を早期に試していかなければなりませんね。

不定愁訴は子どもでも起こる

子どもの不定愁訴に気づいているご両親は、どの程度いるのでしょうか。

感情をむき出しにして反抗的な態度をとったり、口癖のように「だるい」と言い始めたら、不定愁訴の心配をしてあげてください。

「わが子も、ついに反抗期に入ったのだろう…」なんて軽い考えを持っていると、症状はどんどん悪化してしまいます。

日中の活動的な時間帯にもかかわらず、子どもが遊びたがらないのなら要注意です。

心身を病み、言い様のない倦怠感・眠気に見舞われている可能性が高く、放置しておくと自律神経失調症・躁うつに発展してしまうケースがあります。

食欲不振も合わせて注視しておき、異常が起こっているようならすぐに医療機関を受診しましょう。

子どもの不定愁訴の主な症状
  • 腹痛を訴える
  • 食欲不振
  • 突発的な頭痛
  • イライラ
  • 無気力
  • 反抗期にも似た態度をとる
  • 引きこもりがち

不定愁訴の主な原因

大人の不定愁訴の症状も、上記でご紹介したとおりになります。

では、その原因はどこにあるのでしょうか。

独特の倦怠感や眠気は、人並みの日常生活を送る上でも障害となります。

  • 1
    不定愁訴の原因はブルーライトの浴びすぎによる睡眠障害

夜眠る前に必ずスマホチェックをしている人は、不定愁訴を起こしやすくなります。

私たちの利用する通信機器類からは、多かれ少なかれ、ブルーライトが発せられます。

この青い光は、紫外線と同等の刺激物であり、眼精疲労を招く要因。

また、ブルーライトを長時間浴び続けることにより、睡眠障害を引き起こします。

ベッドに入ってからスマホを眺め続けていたら、何だか頭が冴えてしまった…。

この現象が起こるのは、睡眠導入に必要なメラトニンというホルモンが減少するからです。

こうして寝不足になることで、自律神経の働きを損ねて不定愁訴の症状がでます。

 
  • 2
    太陽光を浴びる習慣のない人は不定愁訴になる

太陽光を浴びることで、人間の体内におけるビタミンDの生成が活発化します。

これは心身の健康維持のために必要な習慣であり、記憶力を高める作用もあるのです。

暑いからといって、太陽の下で過ごす時間をとらなければ、細胞は老化の一途を辿ります。

自覚症状のでる頃には、すでに不定愁訴を発症しているでしょう。

  • 3
    感情の抑制によるストレスも不定愁訴の原因

子どもから大人まで、自分の中に湧いた喜怒哀楽の感情を押し殺してしまう人がいますね。

そのような性格傾向をもつ場合、精神的なストレスが原因で不定愁訴になることも。

時には、自分の口から意見を発することも大切です。

あるいは、ストレスを発散できる趣味をもつことで、精神的な負担も軽減されるでしょう。

感情の抑制が癖になっている人は、置かれている環境を一新するのも有効な方法です。

ストレスを医学的に改善するのは難しいので、セルフケアをマメに行いましょう。

不定愁訴は薬による治療方法で改善を見込める

不定愁訴による心身の不調は、原因を1つに特定するのが難しい病気といえます。

だからといって、医学的な治療方法では症状がまったく改善しないわけでもありません。

例えば、全身に倦怠感が出ている場合は、まず睡眠不足や自律神経からくるものと疑いをかけます。

続いて、問診票から患者の申告ベースで検査を行い、血液や各部位に異常がないかどうかを確かめます。

この時点で不定愁訴の原因を特定できることもあるので、その場合は諸症状の改善に適した治療薬の処方がなされるわけです。

不定愁訴の原因が検査で見つからない場合の治療方法

体のどこにも異常はないのに、様々な不調を訴える患者もいます。

その場合は、心療内科・精神科でカウンセリングを受けることになります。

ストレスによって体に不調を来す可能性は十分にありますから、うつ病や自律神経失調症から早期回復するための施術を行います。

不定愁訴の症状がでている人の中には、過去に自閉症などの心の病を患い、メンタルケアをおろそかにしたことが原因で体の不調に苦しんでいる場合があります。

これまでの病気の有無を聞かれた際には、正直に申告することで、より適切な治療方法を教えてもらうことができます。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5843-6393

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

診療案内

アクセス
診療時間

11時から21時

診療日
 

11時~21時迄

×
休診日

月曜、年末年始

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-5843-6393