東銀座駅から徒歩4分の本格派鍼灸院

銀座そうぜん治療院

日比谷線 ・ 浅草線 
東銀座駅6番出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
完全予約制
03-5843-6393
受付時間

11:00~21:00

×

【鍼灸症例】リベド血管症による潰瘍と痛み

リベド血管症

リベド血管症の左足

リベド血管症に悩まされていた静岡県在住のAさんのレポートです。

初診:2016年1月

性別:男性

年齢:20代後半

 

発症からの期間:8年前から夏季になると必ず潰瘍が出来はじめ、痛みで寝れなくなる。

 

現在の状況:今年は潰瘍がひどく、足裏に数個できたため、うまく歩けない。杖をつかって歩くので精一杯。

 

病院での対応:ワーファリン(血液凝固阻害剤)、ロキソニン(痛み止め)、ゲーベン(塗り薬)を処方される。潰瘍が治るまで自宅で経過観察。

 

当院を知ったキッカケ:ツイッターをみて、問い合わせ

 

鍼灸での対応:

体表観察では、ヒザ下の異常な浮腫み、潰瘍の初期症状のうっ血が十数個確認できました。

リベド血管症の特有の体質である水毒、気虚も確認済み。

足裏の潰瘍のきずは深いが、そのほかは潰瘍前のうっ血がほとんどのため、早期の回復が可能と判断しました。

 

リベド血管症における鍼灸治療のリスク:

足裏の潰瘍は、足の汗、施術者の手のばい菌による化膿、感染症の危険性があります。

当院では、使い捨ての鍼の使用と徹底した手指の消毒をするため、感染症の心配はありません

1回目の治療

リベド血管症
Aさんの状態

左右の足に大小さまざまな潰瘍があり、痛みも強く大変辛そうでした。足裏にも潰瘍があり、松葉杖をつかって歩いていました。

2週間後、3回目の治療

リベド血管症
治療後の経過

1回目の治療で痛みは無くなり、ゆっくり寝れるようになりました。足裏の潰瘍も9割ふさがり、松葉杖なしで歩けるようになりました。2017年2月現在は、潰瘍ほぼなし。

Aさんの治療の考察:

潰瘍は複数ありましたが、足裏の潰瘍以外は小さく、また、デブリードマンするほどの潰瘍ではなかったため、早い回復が見込まれました。

 

また、患者さまの年齢が20代後半であるため、皮膚組織の回復も順調に進みました。足の回復につれて、患者さまの顔の血色がみるみる良くなっていった印象的でした。

 

 

現住所が静岡のため、定期的な来院が難しいと判断し、潰瘍前の浮腫み次第で通院、マルチミネラルの摂取を勧めて3回の治療は終わりました。

 

1年後、他のリベド血管症の患者さまから、Aさんのことを聞き、潰瘍が再発されていないことを確認しました。

 

Aさんの回復に感謝!

 

銀座そうぜん治療院 院長 宗前裕太

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5843-6393

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

診療案内

アクセス
診療時間

11時から21時

診療日
 

11時~21時迄

×
休診日

月曜、年末年始

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-5843-6393