銀座の本格派はりきゅう治療院

銀座そうぜん治療院

〒104-0061東京都中央区銀座7丁目17-13
銀座永谷ビル3F

日比谷線浅草線 
東銀座駅A6出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
予約優先制
03-5843-6393
診療時間
11時~21時まで
休診日
月曜日 年末年始

片頭痛について

偏頭痛

片頭痛(へんずつう)とは、頭の片方にかけて、拍動性の痛みをかんじる頭痛です。

こめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴で、人によっては両方に感じることもあります。

片頭痛では閃輝暗点という特徴的な前兆症状があります。閃輝暗点とは、視界の中にモザイクのようなちいさな点があらわれ、それが次第におおきくなったり、ちいさくなり形をかえてあらわれます。閃輝暗点も人により現れないことも多く、約半数の方が現れない研究結果がでております。

緊張性頭痛の原因

片頭痛の原因は首のコリ

片頭痛は、カフェイン、長期期間のストレス、首や肩の筋肉の緊張から発症するといわれております。偏頭痛は頭の側面を通る血管が、一時的におおきくひろがり、血管のまわりについている神経を興奮します。

偏頭痛の特徴であるあたまの横側にいたみを感じ、ドクンドクンといった拍動性の痛みをかんじます。

偏頭痛の症状には特徴がある

片頭痛(へんずつう)は問診によって片頭痛か判断できます。

  • 週1回以上頭痛を感じることがある。
  • いつも感じる頭痛は、おもに片方である。
  • 頭痛の痛み方は、ズキンズキンとした拍動性の痛みである。
  • 頭痛を感じる前に、目の前が白くかすむ、また、モザイク状の図形が現れる。
  • 肩こり、首こりをつよく感じることが多い。

偏頭痛の対処方法は、睡眠です。ストレスや疲れが残っているときに頭痛はひどくなります。頭の痛みがとれず、十年以上薬を飲んでいる方は数多くおります。頭痛を感じない生活を送りたい、自然な状態に戻りたいなどのご要望のある方は当院のはり治療をおすすめ致します。

偏頭痛は神経痛です。

頭の神経の興奮をおちつかせる

当院では小後頭神経による圧迫が原因とみて治療しております。小後頭神経とは首のうしろをとおる神経で、神経が筋肉で圧迫されることにより、片頭痛、頭部の側面の頭痛がでます。

小後頭神経のちかくにある首の深層筋を治療することで、偏頭痛の完治をめざしております。片頭痛の方は極端な前傾姿勢、猫背になっている方が多いです。骨格矯正もいっしょにおこない、片頭痛の再発をふせぎます。

偏頭痛の患者数192例のうち、完治・良好あわせて182例です。偏頭痛の回復率は90パーセントの好成績です。偏頭痛は、3回の治療で回復されます。偏頭痛の状態によっては1回で完治することもあります。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5843-6393

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

診療案内

アクセス
診療時間

11時から21時

診療日
 

11時~21時迄

×
休診日

月曜、年末年始

詳しくはお電話ください。

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-5843-6393