銀座の本格派はりきゅう治療院

銀座そうぜん治療院

〒104-0061東京都中央区銀座7丁目17-13
銀座永谷ビル3F

日比谷線浅草線 
東銀座駅A6出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
予約優先制
03-5843-6393
診療時間
11時~21時まで
休診日
月曜日 年末年始

腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、背骨の中央部分にある空洞がなにかしらの原因で狭くなり、神経を圧迫する状態のことです。この空洞を脊柱管といい、とくに腰の脊柱管が狭くなることが多いため、ひろく認知されております。

腰部脊柱管症候群の原因は脊柱管の狭窄により神経が圧迫されることで起こります。生まれつき上下の椎骨の幅が狭くなっている方や、弓や椎間関節の形状が異なる人に多くみられます。

腰部脊柱管狭窄症は、症状により、馬尾型、神経根型、混合型の3型に分類されます多くは神経根型に分類されますが、陰茎、肛門のしびれ、痛みが在る場合は馬尾型に分けられます。

腰部脊柱管狭窄症かどうかは間欠性跛行の有無

腰部脊柱管症候群のおもな症状は、慢性的な腰痛、おしりの痛み、歩行時の足のしびれです。脊柱管狭窄症の特徴である間欠性跛行がみられやすいです。間欠性跛行とは、歩くことで足にしびれを強く感じる状態です

歩き始めはしびれの症状は出ず、快適に歩けるのですがしばらく歩いていると徐々に足のしびれ、特にふくらはぎの側面にしびれ、痛み、鈍痛を感じるようになり、歩きづらくなります。

症状が感じる状態でもその場でしゃがんだり、座ってしまうと足の症状は治まります。再度、歩き出すと先ほどの状態と同じように痛み出し、座ると楽になります。

脊柱管狭窄症の方は、立った状態が一番狭窄が強くなるため、長時間の立位や歩行時に痛みが強く出ます。座った状態では、狭窄されている部分が広がり、神経の圧迫が解放されるため、症状は無くなります。間欠性跛行がつづくことにより、運動する機会が無くなっていきます。徐々に足の筋肉が萎縮し、将来寝たきりの可能性もあり、注意が必要です。

間欠性跛行は血管の病気でもなる

 腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状である間欠性跛行は、閉塞性動脈硬化症のような血管の病気でもおこるため注意がひつようです。血管が原因でおきている症状のばあい、大腿動脈拍動をふれることでわかります。股関節のつけねでドクドクと拍動をかんじる場所があります。その場所を左右でふれ、拍動がいっしょにかんじなければ、病院を受診してください。

腰部脊柱管狭窄症は、腰の深層筋はり治療が効果的です。

腰の深層筋のトリガーポイントがおすすめ

腰部脊柱管狭窄症はあるていどの年齢にさしかかるとみんな脊柱がせまくなります。脊柱がせまくなると、腰の筋肉も固くなり、神経を圧迫します。腰まわりの筋肉を正常化させるため、腸腰筋をふくめた深層筋のトリガーポイントはり治療をおこないます。

脊柱管狭窄症の症状は全身のバランスが原因で起こる場合もあります。当院では骨格矯正とはり治療による筋肉治療で高い回復率を誇ります。腰部脊柱管狭窄症の患者さま210名のうち、完治・良好あわせて140名で、回復率は60パーセント以上の好成績を残しております。 腰部脊柱管狭窄症は、6回ほどの治療で回復してきます。手術後をされた患者さまは回復までに時間がかかることが多いです。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5843-6393

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

診療案内

アクセス
診療時間

11時から21時

診療日
 

11時~21時迄

×
休診日

月曜、年末年始

詳しくはお電話ください。

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-5843-6393