銀座の本格派はりきゅう治療院

銀座そうぜん治療院

〒104-0061東京都中央区銀座7丁目17-13
銀座永谷ビル3F

日比谷線浅草線 
東銀座駅A6出口 徒歩4分
大江戸線
築地市場駅A3出口 徒歩1分
予約優先制
03-5843-6393
診療時間
11時~21時まで
休診日
月曜日 年末年始

筋膜性腰痛について

腰には、上半身と下半身のバランスを支えながら、運動を自由に行うため、数多くの筋肉が発達しています。腰の筋肉に長年の疲労が蓄積したり、筋肉にコリがつくられたりして、慢性的な腰痛がおこることがあります。

慢性の腰痛で、筋肉や筋膜(筋肉や内臓を包む膜)が原因で生じた腰痛を、筋・筋膜性腰痛といいます。急に体をひねったり、重いものを持ったりして生じるギックリ腰とは違い、最初は痛みが少なくても、時間がたつにつれて筋肉の凝りや張りが広がり、痛みが強くなることもあります。

筋肉の凝りがひろがることにより、腰の神経を圧迫して、股関節や大腿部にしびれを発生させることもあります。症状の特徴は、腰部にまとわりつくようなコリ感をともなう重苦しい痛みで、痛い部分を刺激すると、「イタ気持ちいい」と感じます。

筋・筋膜性腰痛を訴える方は、重労働の人からデスクワーカーにかけて、幅広い方が訴えます。いすに座りっぱなしですと、体重が腰にかかり、筋肉の血液の循環が悪くなってしまい、筋肉がかたまりやすくなり痛みが出ます。

腰や骨盤の筋肉、筋膜、靭帯も損傷しやすく、ぎっくり腰の原因になります。腰の筋肉である大腰筋、腰方形筋、脊柱起立筋の凝りによるものも原因の一つに考えられています。

筋膜性腰痛の原因の筋肉は6つあります。

腸肋筋からくる筋膜性腰痛

腸肋筋は、背中の表層を走る脊柱起立筋群のなかで外側に位置する筋肉で、腰腸肋筋、胸腸肋筋、頸腸肋筋の、3筋に分類されます。この筋肉に凝りができると、腰に鈍痛を感じ、ひどくなると、おしりのまわりに痛みがでます。骨盤の上にある背筋を緊張させて痛みを出させたり、太股後ろ側やふくらはぎに痛みやしびれを出させることもあります。 

最長筋からくる筋膜性腰痛

最長筋は、背中の表層を走る脊柱起立筋群のなかで中間に位置する筋肉で、腰最長筋、胸最長筋、頸最長筋の、3筋に分類されます。この筋肉に凝りができると、腰に鈍痛を感じ、ひどくなると、おしりのまわりに痛みがでます。骨盤の上にある背筋を緊張させて痛みを感じます。

棘筋からくる筋膜性腰痛

棘筋は、背中の表層を走る脊柱起立筋群のなかで内側に位置する筋肉です。この筋肉に凝りができると、腰に鈍痛を感じ、ひどくなると、腰のまわりに痛みがでます。骨盤の上にある背筋を緊張して、腰椎の棘突起の直側に痛みを感じます。ぎっくり腰の場合もこの筋肉が損傷した硬くなります。背筋やその筋肉の膜が一番痛むことになります。

腰方形筋からくる筋膜性腰痛

腰の筋肉群は3層構造で構成されております。腰方形筋は、2層目にある筋肉で、姿勢の保持や支持の役割を担っています。起始は腸骨稜、腸腰靭帯に付着して、停止は第12肋骨、L1~L4の椎体の肋骨突起に付着します。この筋肉に凝りができると、腰に鈍痛を感じはじめ、ひどくなると、腰のまわりに痛みがでます。とくに腸骨稜や走行部位に痛みを感じます。

大腰筋からくる筋膜性腰痛

腰の筋肉群は3層構造で構成されております。大腰筋は、1層目にある最深部の筋肉で、姿勢の保持や支持の役割を担っています。走行部位は、第12胸椎と第1~4腰椎の側面から大腿骨の小転子に付着します。この筋肉が固まると、腰の鈍痛から、足のしびれ、便秘など多種多様の症状を発生させます。

内臓からくる筋膜性腰痛

内臓による筋・筋膜性腰痛の場合は、内臓の関連した背中の場所に痛みが出ます。これは、内臓の不調が原因です。主に腎臓からが多く、つづいて胃、小腸、大腸が原因で起きることがあります。

自分ができる筋膜性腰痛の対処法は運動すること

筋・筋膜性腰痛の症状が出たら、軽度の運動です。筋・筋膜性腰痛の原因は腰の筋肉の循環不良なので、血液の流れを良くさせてください。ホッカイロや湯たんぽで温めるのも効果的です。早期の回復に整体術や鍼(はり)治療が効果的です。

筋膜性腰痛の鍼灸治療は、腰の深層筋はり治療をおこないます

腰の深層筋の治療が大事

筋・筋膜性腰痛は、腰のまわりにある筋肉すべてに原因があります。脊柱筋起立筋、腰方形筋、大腰筋は、もちろん腹斜筋、腹横筋など深層筋もすべて治療対象です。当院の深層筋はり治療で早い回復を目指します。

腰まわりの筋肉が固まることで、腰まわりの毛細血管の血液の流れも悪くなり、慢性化してしまいます。当院ではお灸とはり治療の融合させた独自の治療方法で腰まわりの血流を改善させます。

筋膜性腰痛の患者数は1323例で、良好、完治を含めて1102例です。腰の筋肉は3層構造になっており、2層目と3層目の筋肉にはマッサージでは届きませんマッサージやストレッチを続けているのに腰痛が治らない方や薬に頼りきっている方は深層筋鍼治療をおすすめいたします。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-5843-6393

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

診療案内

アクセス
診療時間

11時から21時

診療日
 

11時~21時迄

×
休診日

月曜、年末年始

詳しくはお電話ください。

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

03-5843-6393